第13候【つばめ来る】

おはようございます。今日4月4日から19日までは清明(せいめい)の時季です。

すべてが春の陽光を受けて明るく清々しい様子をあらわす「清明」

桜前線が北陸や東北にまで到達し、1年のうちでもっとも華やかな時季といえるでしょう。

この時季に墓参りをする中国の風習が伝わった沖縄には「清明祭」という行事があります。ウチナーンチュ(沖縄の人)は「シーミー」と言います。

沖縄に住んでいた3年間、シーミーにはあちこちの亀甲墓(沖縄独特の洞窟のような大きな墓)の前で親戚一同が集まり、ピクニックか酒盛りをしているような姿が目に入りました。

でも、今年はこのコロナの騒ぎで、その風物詩もあまり見られないのでしょうか。。
.

清明・初候【つばめ来る】は、南方から夏鳥であるつばめが飛来する時季ということで、「つばめが来ると本格的な春と農耕の季節がはじまる」と言われ、つばめは春の象徴です。

.
季節の話とともに、ちょっと仏教の話も致します。

仏教の一大テーマは「人生の目的」ですが、お釈迦様は「人生の目的は万人共通」と説かれました。

しかし「万人共通」と聞くと、「人間は一人一人違うのだから、目的が同じになるわけがない」と思う人が多いでしょう。

それに対して仏教では、「人それぞれなのは、その人その人の“生きがい”や“目標”であって、これは同じになれるものではない。しかし、人として生まれてきた目的は、人種や宗教・文化の違い、男女・貧富の差、障害者・健常者の区別なく、等しく達成できるものである」と言われます。

たしかに、私たちが日頃“生きがい・目標”にしていることは、日本人だから、現代人だからできる、ということが多いですよね。

もしサハラ砂漠に生まれていたら、江戸時代に生まれていたら、今と同じことが生きがいにはなっていなかったでしょう。

また、健康だから生きがいにできる、女性だから目標にできる、というものもあるでしょう。

背が高いから、ハンサムだから目指せるのであって、私みたいなのでは最初からとても無理ということもあります…。(たとえばアイドルやファッションモデル)

世の中にはいろいろな人があります。上記のようなものでは“経済的な余裕のある人の目的”や“健常者の目的”となってしまい、「人生の目的」とは言えないということです。

.
では、その「万人共通の(万人に達成できる)人生の目的」とはどんなことなのでしょうか?

大変難しいテーマでありますが、今度はそれについて語ってみたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です